2010年12月6日(月)「税制改正要望」と「予算要望」を提出
 玄葉光一郎民主党政調会長兼国家戦略担当大臣に対し、国民新党の税制改正重点要望「元気な日本復活」特別要望(前文)(項目)を提出しました。予算については、政策コンテストの対象だった特別要望枠1.3兆円の部分に対する要望に、ファンドや投資補助金の創設など、要求枠(省庁別概算要求)への項目を加えたものになっています。国会が閉会し、今週から概算要求の省庁別ヒアリングを党の政務調査会で行っており、その情報を元に重点予算項目を追加する予定です。現在、税制改正と予算編成が同時進行で進んでいて、税制改正大綱は14日(火)目途に閣議決定、予算については24日(金)に決定する予定なので、まさに今週、予算編成の実質的な作業が行われています。

 税制改正については玄葉大臣への提出に先立ち、11月30日(火)に政府税制調査会で説明を終えています。民主党の税制・予算要望が12月6日(月)になったので、国民新党も同じタイミングで税制と予算について政府に要望を提出したのです。

 税制改正要望の特徴としては、現在、政府で検討されている法人税減税5%を実現するのではなく、投資減税をすること。なぜなら現実には赤字法人が多く、全法人の3割程度しか法人税を納めていないので減税効果が薄いこと、減税分が雇用や経済成長に結びつかずに内部留保や株式配当などに充てられる可能性が高いからです。法人税を納めているのは大手企業が中心なので、法人税の減税程度で国内に留まるとは考えにくく、人件費の安い海外に移転する傾向は既に始まっています。国民新党としては中小企業に対する投資減税や大手企業の国内投資(工場や研究機関の新設等)誘導策としての投資補助金などを提言しました。仕送り減税や第一次産業促進税なども盛り込みました。

 予算要望の特徴としては、地元の企業が受注できる規模の環境にやさしい公共事業を入れました。大手ゼネコンが利益をさらっていくような事業は地方活性化になりません。電線の地中化や木製ガードレールの設置、既存堤防の補強工事などは、地方に仕事と雇用を生み出すでしょう。1つでも多く実現すべく、現在、予算獲得に全力投球しています。

2010年11月24日(水)各政党訪問(社民党)2010年11月24日(水)各政党訪問(たちあがれ日本)
 亀井静香代表、下地幹郎幹事長とともに、急遽、首相官邸と各政党を訪問し、亀井代表が苦言を呈しました。

 外交も内政も課題が山積しているにも関わらず、補正予算の採決が遅れ、法案審議も一向に進まない現状は国家の危機であるという認識を、長年の政治経験から亀井代表は持っています。もちろん私も同感です。

 本来は政策論争や法案審議を早急に進めなければならない時に、政治の本筋ではない部分、失言や個人批判に時間を費やすことは国民の為になりません。法案審議も行われない国会は開会している意味がないのです。郵政法案や労働者派遣法改正法案も前国会で提出されながら審議の見通しが立たないことは異常であり、堂々と国会で議論して反対なら反対、と結論を出すことが国会の使命であると主張しました。

 今は毅然として対応するという政権の姿勢が問われているのであり、何もしない国会、で終わらせてはいけないと思います。

2010年9月9日(木)政府に経済対策を要望12010年9月9日(木)政府に経済対策を要望2
 9月9日(木)、社民党の阿部知子政調会長とともに官邸に出かけ、早急な経済対策の実施を要望しました。

 参院選が終わってから民主党の代表選の影響で政治が実質的に止まっており、一方で円高や不況がいよいよ深刻な情勢なので、一刻も早い対策が必要です。社民党と国民新党は週1回ペースで勉強会をしています。社民党が連立を離脱しても、是々非々で協力できるところは力を合わせられるように緊密な関係を保っています。

2010年6月17日(木)新宿駅前街宣活動2010年6月17日(木)新宿駅前街宣活動で演説
 6月17日(木)に亀井静香国民新党代表他、党所属国会議員下地幹郎、私、次期参議院議員選挙党公認候補予定者の江木さおり、江本孟紀が新宿駅西口前に集合し、街頭演説会を開催致しました。

 こうした街頭演説は久しぶりでしたが、皆様に直接訴えることができ、その反応がすぐに返ってくる機会はやはり重要です。

 足を止めて演説を聞いてくださった皆様、ありがとうございました。今後も国民新党の活動に注目してください。

2010年6月2日(水)国民新党総決起大会で司会2010年6月2日(水)国民新党総決起大会に揃った3党の党首2010年6月2日(水)国民新党総決起大会で鳩山由紀夫首相のご挨拶
 国民新党の総決起集会が6月2日(水)5時半から憲政記念館で開かれました。会場には鳩山由紀夫総理大臣、福島みずほ社民党党首、菅直人副総理など渦中の方々に駆け付けていただきました。この日は午前中に鳩山総理が辞任を表明、菅副総理は代表選に出馬表明し、福島党首は連立離脱したばかり…。このタイミングでよく3党の党首が揃ったものだと感動しました。全員が揃うのはおそらくこの総決起集会が最後で、偶然その場に居合わせたこと、また私が会の司会をしていたことはずっと記憶に残りそうです。

 国民新党のパーティは今日で3回目。結党メンバーである綿貫民輔最高顧問、亀井久興顧問も出席し、既に他界された田村秀昭先生の写真も檀上に飾りました。入場者は1,400人。会場に入り切らなくて立見の人でいっぱいでした。会場にお越しくださった皆様ありがとうございました。

2009年4月9日(木)横浜駅前街宣活動12009年4月9日(木)横浜駅前街宣活動2
 綿貫民輔代表以下、国民新党所属国会議員全員が横浜駅前に集合し、街頭演説会を開催致しました。

 当日は1,000人以上の方々にお集まりいただき、演説する私達も自然と熱が入りました。

 こうした大々的な街頭演説は久しぶりでしたが、国民の皆様に党の政策を直接訴えることができ、またその反応をすぐに感じることができる機会はやはり重要です。

 足を止めて演説を聞いてくださった皆様、ありがとうございました。今後も国民新党の活動に注目してください。

2009年1月20日(火)「ラフレさいたま」視察(最上階展望レストラン)2009年1月20日(火)「ラフレさいたま」視察(多目的ホール)
 日本郵政株式会社が「かんぽの宿」70施設をオリックスへ一括譲渡することを決定した問題で、譲渡予定施設の一つである「ラフレさいたま」を視察してきました。

 「かんぽの宿」と聞くと地方に点在した赤字施設というイメージがあるかもしれませんが、「ラフレさいたま」はさいたま新都心の一角に位置する大変便利な立地で、すぐ近くに「さいたまスーパーアリーナ」があり、更に企業や商業施設の建設も予定されている再開発地域(数年後には新幹線も開業予定)です。館内には宿泊施設や多目的ホール、温泉を備えたスポーツクラブ、複数のレストランがあり、地元住民の方が気軽に利用している様子でした。「かんぽの宿」の一括売却額は109億円ですが、「ラフレさいたま」だけでも土地取得・建設費用を併せて300億円を投資した施設であることを考えれば、109億円は安すぎると率直に思います。

 実は「ラフレさいたま」は「かんぽの宿」ではなく、「簡易保険総合健康増進センター」として平成12年にオープンした施設です。今回のオリックスへの譲渡物件は「かんぽの宿」として報道されたのですが、実際には「ラフレさいたま」と首都圏の社宅数ヶ所が含まれており、この「おまけ」部分の資産価値が不当に低く評価された「叩き売り」と言わざるを得ません。

 「かんぽの宿」は簡易保険加入者から集めた資金で国が建設した公的宿泊施設であり、利益を生み出す為の施設ではありません。保険商品というのは保険加入者が長生きすればそれだけ利益を生み出す性質があり、加入者へのサービスとして健康増進センターや保養施設を備えることは、保険業界では利益と直結した一つの手段なのです。つまり仮に「かんぽの宿」の経営が赤字であっても、本業の保険契約と合わせて考えた場合、赤字とは勘定されないわけで、そもそもなぜ「かんぽの宿」を「かんぽ生命」から切り離して、わざわざ親会社の「日本郵政」の資産としたのか大いに疑問です。「赤字だから売却する。」という理由は4分社化という不自然な民営化の仕組みそのものに起因する問題であり、従業員の雇用を守る条件でオリックスに譲渡するという理由も、「ラフレさいたま」の正規職員数がたった5人(ほとんど業務委託した会社の従業員です)であることからも説得力を欠きます。

 埼玉県庁で副知事にも面会しましたが、売却について県に一言の相談もなかったそうです。県が推進する再開発地域に建設された公的施設という性格を考えれば、譲渡先について県と相談しながら地域活性化に役立てる方法を模索すべきであったと思います。

 今回の件は売却金額が適正であるか、入札の経緯、総合規制改革会議の議長を務めた宮内氏の会社に売却すること等々、不透明なことだらけです。オリックスについては村上ファンドとの関係等、過去にも色々と言われていますが、講談社刊の「『小泉規制改革』を利権にした男、宮内義彦」は一読の価値があると思います。

2009年1月5日(月)国民新党所属議員集合写真
 国会正面にて。綿貫民輔代表以下、国民新党所属議員が集合し、新しい1年を明るい年にできるように気持ちを引き締めました。

2008年12月15日(月)緊急雇用対策4法案提出2008年12月15日(月)緊急雇用対策4法案提出記者会見
 2008年12月15日(月)、民主党、社民党、国民新党の3党共同で緊急雇用対策4法案を提出致しました。

2008年10月3日(金)国民新党ポスター完成記者会見
 2008年10月3日(金)午後5時半より、国会内野党クラブで国民新党ポスター完成記者会見を行いました。キャッチフレーズは「ブレない政治 日本復活」です。