4月9日(日)
2017年4月9日(日)津和野の流鏑馬神事
 4月の第2日曜日は津和野の鷲原八幡宮流鏑馬神事の日。午前の部に行きました。今年は久しぶりに桜の満開時期と重なり、本当に美しかった!

 流鏑馬は全国各地で開催されていますが、津和野には江戸時代からの馬場が残っているので馬が走る距離も長く、本格的な流鏑馬が継承されています。小笠原流(流鏑馬にも流派があります)で的は3ヶ所、つまり射手は走りながら三度、矢を放ちます。流鏑馬を観るなら断然津和野をおすすめします。

4月8日(土)
2017年4月8日(土)益田事務所でお花見!
 「忘年会の次はお花見をしよう!」と約束していたので益田に帰りました。だけど「屋外で夜桜は寒い。」ということで、結局会場は亀井事務所。

 いつもと変わらない飲み会になるのかな…と思いきや、それでは終わらないのが益田後援会の底力なのです。なんと庭の桜の枝を切ってきた人がいて、ご覧の通り!どこかの華展会場のようになりました。何だか事務所が素敵に見える…桜って偉大です。

4月7日(金)
2017年4月7日(金)青柴垣神事12017年4月7日(金)青柴垣神事2
 数年前から興味を持っていた美保神社の青柴垣(あおふしがき)神事を初めて観に行きました。毎年4月7日と決まっているこの神事は平日に当たることが多く、去年までは日程を合わせることができなかったのです。松江に拠点を移してようやく実現しました。

2017年4月7日(金)諸手船神事12017年4月7日(金)諸手船神事2
 出雲神話「国譲り」に基づいた青柴垣神事と諸手船神事。私は神社巡り、御朱印集めがもともと好きなのですが、古事記編纂1300年の時に神話を少々勉強してから、ますます好きになりました。お天気にも恵まれ、桜は美しく、お祭り日和でした。

ピンクのしまねっこ電車石見キャラクタートレインでしまねっこと対面津和野のつわみん等、石見のゆるキャラが大集合しています。
 松江の湖北線を車で走っていたら、ピンクの物体が横からスーっと現れました。正体はこれ。一畑電鉄も派手になりましたね〜。

 以前、益田から石見キャラクタートレイン(JR特急)に偶然乗ったのですが、「しまねっこ」は県内あちこちで大活躍ですね。

4月2日(日)
2017年4月2日(日)斐川町トムTOMファームの菜の花畑2017年4月2日(日)この畑から生まれた純国産菜種油
 斐川町トムTOMファームの菜の花畑でイベントをしていると聞いて出かけました。絶景でした。

 この畑から生まれた純国産菜種油が写真の商品。出雲の影山製油所のものです。島根には丁寧に作られた安心安全な食品がたくさんあります。

 今国会に政府は主要農作物種子法を廃止する法案を提出しています。これは遺伝子組み換え作物の商業栽培に道を拓くもので、これを許すとモンサントのような外資系企業が日本に進出してくるでしょう。収穫した作物の種を播くことができない遺伝子組み換え作物を栽培すると、農家は毎年種を購入せざるを得なくなるのです。安倍政権というのは食料安全保障という概念がないのでしょうか。日本の食料自給率の維持は外資系企業から種子を守る戦いに変わろうとしています。

 日本人は農耕民族だということを忘れてはいけないと思います。

4月1日(土)
2017年4月1日(土)スタート前の武者達2017年4月1日(土)行列の先頭は法螺貝を吹いて行進2017年4月1日(土)馬はやっぱり絵になります…。
 4月1日(土)は松江の武者行列の日。出発地点の白潟天満宮は亀井事務所から徒歩数分の距離なので、事務所に車を止めて見に行きました。お天気にも恵まれ、見物客がたくさん出ていました。

2月24日(金)
 毎年2月に開催されている海士町の子ども議会を初めて傍聴しました。議員の頃は、国会開会中の平日に離島の海士町まで足を運ぶことができなくて、興味はありながら来ることができませんでした。町議会と同じ部屋で地元の小学6年生が自分の質問や提案を発表し、町長が答えるこの取り組みは今年で13回目。これまで200を超える提案があり、40が実施済み、78が継続審議、または準備中だそうです。ちゃんと実現するところがいいですね。

2017年2月24日(金)海士町の小学生が制作した看板
 私は子ども議会で実現した「カニ横断中」の看板が大好き!毎夏、産卵の為、道路を横断するアカテガニが車にひかれるポイントがあり、看板を設置してスピードを落とすように促したのです。子供達の質問に山内道雄町長がどう答えるのか、一度聞いてみたいと思っていました。今日は14人が質問に立ちました。海士町の教育プログラムはとても魅力的です。(ちなみに子ども議会は隠岐の島町でも行われていて、こちらは中学生が質問に立つそうです。)

2月22日(火)
 昨年3月、益田市は東京五輪・パラリンピックの自転車競技出場国の事前キャンプ地に立候補し、21日(月)から2泊3日の日程で、フランス自転車競技連盟のシャンタル・オドゼンヌさんが視察の為に来日しました。

 実際、どこかの国に来てもらわなければ目的達成とは言えませんが、益田市が立候補するまでのここ数年、「益田市町おこしの会」が担ってきた役割は一市民団体とは思えないほど大きなものでした。市民団体を結成した当初から事前キャンプの合宿地に立候補することを念頭に入れ、「INAKAライド」と「チャレンジャーズ・ステージ」を開催して実績を作り、市に立候補を働きかけてきたのです。(地元の活動報告参照)ついに昨年4月に益田市にキャンプ誘致の為の課が設置され、11月には官民で実行委員会が設立されました。今も「益田市町おこしの会」のメンバーは誘致活動の中心的役割を担っています。

 今回、シャンタル・オドゼンヌさんが来日したことは、フランスに限らず多くの国と人脈があるという意味で大きいのです。(ツール・ド・フランスを開催するフランスは自転車競技の本場です。)せっかくの機会なので私もお会いしました。本当に益田市だけを視察する為に来日していただき、感謝しています。これを機にまた一歩前に進んでほしいと願っています。

2月21日(火)
 先日購入したDVD「自由貿易に抗う人々」を、初めて益田事務所にて上映しました。

 トランプ大統領は就任直後、TPP交渉から離脱し、NAFTA(北米自由貿易協定)の再交渉も行うと宣言したので、NAFTAがまた注目を浴びています。このDVDはNAFTAによってメキシコに何が起きたかということを、ドキュメンタリーとして追った作品です。

 トランプ大統領はメキシコからの移民を防ぐ為に国境に壁を建設すると公言し、アメリカの労働が奪われた話ばかりを強調しますが、果たしてメキシコはNAFTAで得をしたのかと言えばそんなことはないのです。「自由貿易に抗う人々」では、特区に建設された外国資本の工場で低賃金で働く人々や、安い農産物の流入で崩壊した農業の実態が紹介されています。そんな中で遺伝子組み換え農産物に抗い、在来種の保存に乗り出したグループの活動にも光を当てています。

 日米FTAが交渉された場合、何が起こり得るのかということを示唆する作品です。

 今後、私は小さな上映会・勉強会を各地で行う予定です。

2月20日(月)
2017年2月20日(月)三日市ラボは古民家を改装したシェアオフィス
 18時より雲南市三日市ラボ向かいの交流センターにドイツ人講師を招き、ドイツの政治教育に関する勉強会が開催されました。当初は三日市ラボで行う予定でしたが、嬉しいことに参加者が予定より多く、交流センターに場所が変わりました。

 この企画が持ち上がった背景には、昨夏から付託された18歳選挙権が関係しています。聞くところによると国からは18歳の投票率向上を求められるが、学校でどう政治を教えたらよいのか、教育現場は困っているそうです。まず市民グループが政治塾を開催して補ってはどうかと雲南市の教育委員会と市民グループが動き出し、私は縁あって講師の手配をお手伝いすることになりました。大事なことは、いかにして政治色なしに中立的に政治を教えられるかということ。私は以前、ドイツ政府の招聘事業で現地視察をした時、政治教育(シンクタンクの中立性)について感心したので、ドイツから学びたいと思いました。(海外の活動報告参照)市民グループも同じ認識で、ちょうどドイツ人講師を探していたのです。

 結局当日は京都の同志社大学から博士課程の研究者と交換留学で来ている大学生、そして島根大学の留学生の計3人を迎え、京都からの2人に日本語で講演していただきました。以下、この日の講演のポイントだった「ボイステルバッハ・コンセンサス」を紹介しておきます。

<ボイステルバッハ・コンセンサス>
1976年に示されたドイツの政治教育の三原則。
ゞ軌が生徒を圧倒し、生徒の判断を侵してはならない。
学問的・政治的論争のある事柄は、授業でも論争があるものとして扱わなければならない。
生徒が自分の関心や理解に基づき、効果的に政治に参加できるように、必要な能力の獲得を促す。

例えば,砲弔い討蓮教師は自分の意見を言ってもよいが、他の意見も紹介する。△砲弔い討蓮学問に議論は大切であり、対立はあるものとして扱う。については、政治参加は権利ではなく義務だと教える。

 ボイステルバッハ・コンセンサスには学生運動が関係しているそうです。1960年代から学生運動が激しくなり、倒閣の運動が起きた。そして1972年に18歳選挙権が付託され、1976年にボイステルバッハ・コンセンサスが生まれたそうで、ドイツもここに行き着くまでに苦労したのですね。目的は「一人一人が意見を持つこと。」、やはりドイツからは学ぶべきことは多かった…。参加者も全員がコメントする形をとり、まさに政治塾というべき充実した内容でした。今回をスタートして、雲南市でよいプログラムができ上がることを楽しみにしています。