総統選が終わり、国民党から民進党へ政権交代が決まった直後の台湾に行ってきました。もともと父が行く予定でいたので現地で合流しました。

2016年1月30日(土)「初陣」のポスター2016年1月30日(土)ギフトセットはこんなにおしゃれ
 今回の予定として外せなかったのは、津和野の日本酒の輸出を自分の目で確認すること。実は一昨年夏、日本酒を探している台湾企業の方々に津和野を視察していただいたのです。父と私で津和野の造り酒屋3軒をご案内したのですが、最終的に古橋酒造と商談成立に至り、昨年から「初陣」という銘柄の輸出が始まりました。古橋酒造は台湾用に「津和野」を強調したラベルを作り、これが「和紙」と「鯉」で津和野らしさを表現していて、なかなかお洒落…もちろん肝心の中身もおいしいです。

 私は地方創生の手段として日本酒の可能性に期待しているのです。和食がユネスコ無形文化遺産に登録され、和食のお店が増えてきたので日本酒のPRも今がチャンスです。そしてワイン愛好家がワイナリーを巡るように、日本酒の愛好家が酒蔵巡りをする…。「初陣」を知った台湾の方が津和野に行ってみたいと思ってくださったら嬉しいなあと思います。今は種蒔きの時期です。

 今回は「初陣」の販売会社を訪問し、なぜか会社の忘年会にまで飛び入り参加してきました。(春節直前の1月末が台湾の年末なのです。)また「初陣」を取り扱っている和食店「吟翔懐石料理」にも行きました。その他には亜東関係協会との昼食会、対日経済文化協会との夕食会等々、懐かしい再会も新しい出会いもあり、充実した滞在になりました。台湾の選挙を振り返りながら意見交換しました。米大統領選の候補者選びでも民主党のサンダース氏が格差是正を訴えていますが、台湾においても格差問題は深刻で、今回の選挙に少なからぬ影響を与えたようです。それから中国との距離感、国民党の馬政権が近付き過ぎたことによる市民の警戒感については今更言うまでもありませんが、一昨年、島根県日華親善協会で訪台した時(国際交流の活動報告参照)に感じた中国人観光客急増の光景を思い出しました。やはり肌で感じる空気、変化や違和感というのは、後に政治的変化をもたらしたり表面化するものだと思いました。

2016年1月31日(日)龍山寺の門2016年1月31日(日)境内には干支の飾りがあって華やか!2016年2月2日(火)鼎泰豊(ディンタイフォン)の餃子!2016年2月3日(水)お土産の平安龜
 自由時間は地下鉄で動き回り、初めて龍山寺を参拝しました。街中が「年末」という雰囲気なので、不思議とまた新年を迎える気分になってくるのです。というわけで参拝…。今回は初訪台の人を案内する必要がなかったので、お決まりの観光地には行かずに街歩きを楽しみました。鼎泰豊(ディンタイフォン)には今回も行きました。小籠包の有名店ですが、餃子もおいしいし、お土産のパイナップルケーキもおいしい!新たな発見(?)でした。

 それから友人からお土産にもらった亀のお菓子。いかにも縁起がよさそうですね。日本で平安龜をいただきながら旅行を振り返っています。

 益田市に事務局を置く島根県日華親善協会の台湾ツアー(隔年で開催)に参加しました。中華航空のチャーター便で島根から130名程度が台湾に向かいました。このツアーに行くのは今回で3回目。後援会の方々を誘って現地ではガイド役をしていました。島根の皆様に台湾を知っていただくのが目的ですから、台湾周遊ガイド付きプランや台北だけのフリープラン等、内容は旅行会社(石見ツアー)が主催する普通の旅行です。ただし日華親善協会の会員は台湾政府関係者との会食等々、日程に交流会が入ります。

11月13日(木)
 午前10時過ぎに石見空港を離陸して台北へ。時差は1時間あり、正午頃に桃園空港に到着。空港から市内までは1時間弱かかります。ホテルにチェックインしてしばし休憩。

 夕方6時からは国賓大飯店にて亜東関係協会主催の夕食会に出席しました。島根県日華親善協会は亀井久興が会長を務めており、東京から台北入りした会長が交流会から合流しました。亜東関係協会の羅秘書長は亀井久興と旧知の中で話がはずむ一方、台湾の若手外交官と交流できたことは大変有意義で将来につながるよい交流会になりました。

11月14日(金)
2014年11月14日(金)台北1012014年11月14日(金)台湾は統一地方選の真っ只中
 益田の後援会メンバーと台北ツアー開始。まずは台北101の展望台に上って市内を一望しました。今回驚いたことは大陸からの中国人観光客の多さです。2年前にも展望台に上っているのですが(国際交流の活動報告参照)、明らかに様子が違います。馬英九総統は中国との経済関係を急速に深めており、それに反発する学生達が総統府を占拠したことは記憶に新しいかと思います。確かに大陸から人が押し寄せてくる恐怖心のようなものを感じたというか、中国に併合されたくない台湾の人々の気持ちがわかるような気がしました。やはり現地に行って初めて感じることがあるので、相手の国を訪問して自分の目で見ることが大事なのだと改めて思いました。

2014年11月14日(金)鼎泰豊(ディンタイフォン)2014年11月14日(金)種類豊富な日本の食品2014年11月14日(金)故宮博物院の外観
 お昼は台北101内の鼎泰豊(ディンタイフォン)で飲茶ランチ。なお島根県日華親善協会の会長と理事長はこの頃、台日文化経済協会を訪問し昼食会に出席していました。ランチの後は台北101内のスーパーマーケットを視察。日本の食品がどの程度出回っていて価格はどのくらいかチェックしました。

 その後、台北101から故宮博物院に移動し、オーディオガイドを借りて各自で見学。ここも中国人観光客の数が半端じゃなかった!ツアー旗の後をゾロゾロ歩く団体客と博物館の至るところですれ違います。2年前にも来ているので、この間の変化には驚きました。

 この後、ホテルに戻って着替えてから夕食会へ。今年7月、津和野町に日本酒を求めてやってきた方々(地元の活動報告参照)と再会しました。視察の後、無事に商談が進展し、来年には津和野の日本酒(大吟醸)がいよいよ台湾市場にデビューする予定です。津和野のお酒が市場に出回ったらまた訪台したいです。これからも島根県の物産や伝統芸能、観光地の発信に力を入れ、少しずつでも町おこしにつなげていきたいと思います。

11月15日(土)
 台日文化経済協会の青年部の方々との朝食会がありました。双方の日程がこの日の朝しか合わなかったので、土曜日にも関わらず皆様朝早くから宿泊先のホテルまで出かけてくださいました。日本に留学経験のある大学教授、弁護士、ビジネス界で活躍する方々にお会いし、食卓を囲んで和やかなムードで意見交換を行いました。今後の国際交流の計画についてもお互いにイメージを共有しました。

 朝食会の後はようやくフリータイム。昨日まで一緒だった方々が、この日は高雄への日帰りツアーに参加していたので案内する必要がなかったのです。1人気ままに街歩きをし、リラックスした1日を過ごしました。夜は家族ぐるみで交流のある方々との夕食会がありました。

11月16日(日)
2014年11月16日(日)帰りの中華航空機
 ホテルをチェックアウトして免税店に立ち寄った後、桃園空港に向かいました。11時45分に出発予定の飛行機は30分以上遅れましたが無事に離陸し、午後3時過ぎに萩・石見空港に到着しました。行きは出発式がありましたが帰国後は流れ解散です。国際空港ではないので臨時の入管・税関を通過して帰りました。フライト時間は約2時間、空港から自宅までは車で約15分…台湾は近いです。

10月7日(木)
2014年10月7日(木)“MAKE IN INDIA”のプレゼンテーション
 インド大使館で開催された講演会に出席しました。今年9月、インドのモディ首相は外国から製造業を誘致する為の“MAKE IN INDIA”というキャンペーンを立ち上げました。首相自らセールスに世界を歩き、大使館がフォローアップする連携プレーで力を入れています。山陰インド協会の設立パーティーに出席して以来、インド大使館から色々な案内をいただくので時々参加するようにしています。

 インド大使館の講演終了後、ホテルオークラ東京で開催された台湾の国慶節祝賀レセプションに出席しました。実は大阪の総領事館が主催する国慶節レセプションに今年は出席する予定でしたが(島根は大阪総領事館の管轄地域)、直前に台風が直撃したので大阪に立ち寄るのをやめて東京に空路で移動したのです。結果として欠席予定だったインド大使館の講演にも出席することになりました。10月に台風で予定を変更するのは本当に珍しいです。

 来月には島根県日華親善協会の恒例行事で萩石見空港から台北を訪問する予定です。

10月3日(金)
2014年10月3日(金)ガーデンパーティーです。2014年10月3日(金)生バンドもあります。
 東京のドイツ大使館で開催されたドイツ統一レセプションに出席しました。ビールにワインにソーセージ。学生時代の同級生にも複数再会し楽しい夜でした。

8月21日(木)
2014年8月21日(木)本館の大きな看板
 上野の東京国立博物館で開催されている台北國立故宮博物院展覧会に行ってきました。展示物を観たいというよりも、ようやく実現したのだから東京で観ようというのが正直な気持ちです。実際ここまで長い道のりだったのです。

 私は日華議員懇談会という議員連盟に所属し、海外美術品等公開促進法の制定に関わりました。これは海外から美術品を貸借した場合、必ず貸主に返さなければならないという趣旨の法律で、多くの先進国で整備されているのに日本にはありませんでした。この法律を通さないと故宮博物院の展示品が日本で中国に差し押さえられてしまう可能性があったので、法的整備をしてこの展覧会を実現することは議員連盟としても悲願でした。なかなかデリケートな問題で中国にも気を遣いますから、そう簡単ではなかったのです。ちょうどもう1本、展示目的で海外から貸し出された文化財の破損について保障するという全会一致で通りそうな内容の法律があり、これと抱き合わせで同時に成立させるという方法で何とか突破しました。文化財関連で1本の法律にまとめる方が確実かと思いましたが、どの委員会に付託するか、審議時間は確保できるかという問題もあります。結局2本の法律になり、こちらだけ置いていかれないように成立まで落ち着かなかったことを思い出します。民主党の城島光力政調会長と頭を抱えながら何とか国会日程に滑り込ませて、2011年にようやく成立した時はホッとしました。そこから3年を経ての開催なのです。東京では9月15日(月)まで展示され、その後10月7日(火)から11月30日(日)まで九州国立博物館で開催される予定です。

2014年8月21日(木)森鷗外の看板後ろには平成館と故宮展の黄色い看板
 東京国立博物館では平成館という本館より奥の建物が会場なのですが、到着直前にいきなり森鷗外(津和野出身)の写真が現れ、びっくりしました。どうやら森鷗外は帝室博物院の総長を務めていたそうで、総長の執務室があった辺りに看板が立っているようです。この看板の後ろに故宮博物院展の大きな看板が見えているのが何だか不思議で思わず写真に撮ってしまいました。森鷗外先生は本当に多岐に渡ってご活躍されたのですね…。

 さて私は今秋、再び島根県日華親善協会として台湾に行く予定なので、その時に再び故宮博物院(国際交流の活動報告参照)に行ってみたいと思います。今から楽しみです。

6月22日(日)
 さくらーれ日本・トルコ婦人会とトルコ文化センターが開催した「トルコの朝ごはん」に参加しました。トルコ料理は世界三大料理の一つです。朝ごはんというよりサンデーブランチを楽しみました。

 会場は西新宿(新宿南口から徒歩10分弱)のトルコ文化センターが入る建物の10階(イベントスペース)でした。写真を撮るのを忘れてしまいましたが、ビュッフェ形式の着席スタイルで女性が多く、会場いっぱいに人が入っていて大盛況でした。毎回人気のあるイベントだそうです。

 トルコはまだ行ったことがなく、是非訪問したい国の一つです。日本・トルコ友好議員連盟に入っていたので、今でも交流が続いています。

4月10日(木)
2014年4月10日(木)SEA JAPAN 2014 Reseption Party
 東京ビッグサイトにてパナマ政府が主催する海運関係の展示会“SEA JAPAN”が開催され、オープニングレセプションに出席しました。

 パナマにはまだ行ったことがないし、議員連盟にも入っていなかったのですが、現職の頃から色々なイベントにご案内をいただいていました。かなり前のことですが、父が政府特使として大統領の就任式に出席したことがあり、そのご縁が続いているのです。その為、父と一緒に出席しました。大使夫妻はとても素敵なカップルでした。パナマは是非訪問してみたい国の一つです。

4月7日(月)
 マンダリンオリエンタル東京で開催された「2014ジャパン・アラブデーレセプション」に出席しました。これはアラブ諸国が共催して毎年開催しているレセプションで、政府からは麻生財務大臣が挨拶していました。中東は経済的に重要な地域なので、現職議員のみならず経済界の代表や引退したベテラン議員等々、会場は多くの人で賑わっていました。

2014年4月7日(月)大砂嵐関とツーショット
 私はUAEとの友好議員連盟に入っていたので毎年ご案内をいただいていて、久々に出席しました。旧知の議員やジャーナリスト、外交関係者や世界青年の船の同期(イエメン人)まで色々な人に再会できて、出席した甲斐がありました。父も一緒に出席し、やはり色々な人に再会していました。エジプト出身の力士、大砂嵐は皆の人気を集めていました。

11月1日(金)
2013年11月1日(金)アルジェリア大使公邸
 東京麻布の大使公邸で行われたアルジェリアのナショナルデー・レセプションに行きました。この近辺は大使館銀座といってもいいくらい、各国の公館が集中しています。(アルジェリア大使館は目黒にあります。)写真は中庭部分ですが、とても雰囲気のある建物で、何だか異空間でした。国際交流は純粋に楽しいです。