2015年4月16日(木)古賀茂明氏の記者会見
 4月16日(木)外国人記者クラブにて元経済産業省の古賀茂明氏の記者会見が開催されました。3月27日(金)の報道ステーション番組内での古館キャスターとの口論がメディアや自民党を騒がせていた時期だったので、古賀氏の言い分を聞きたくて参加しました。会見のテーマは報道と権力について。報道ステーションでの一件はおそらく事故のようなものであり(古館氏の反応が意外だったとのこと)、もっと重要な論点がたくさんありました。以下にまとめてみました。

 日本は民主主義の国であるが、民主主義の国でクーデターではない方法で独裁は生まれるか、生まれるとしたらどのような過程で生まれるのか。次のようなステップを踏むのではないかと思う。
.好謄奪廝院 崟府からの圧力」
 日本の報道機関は政府から独立した組織にはなっていない。構造的にすべて政府の監督下に置かれている。例えば放送局の場合、総務省から電波を使用する免許を与えられている。新聞・雑誌の場合は再販制度によって価格が維持されている。(再販制度による価格維持は独占禁止法に違反するかもしれないが、今は特別扱いになっている。特別扱いがなくなると好きなだけ売れることになるので価格は下落する。)加えて消費税の軽減税率を適用してもらいたい新聞業界は政府に強く出られない。
▲好謄奪廝押 崋粛とすり寄り」
 政府から圧力がかかるとメディアは戦うより「かわす」ようになる。すなわち自粛である。安倍政権はマスコミのトップと会食やゴルフを重ねている。マスコミトップが権力と近くなると自分達が政治を動かしているような気分になるのではないか。取材現場の人間はトップが守ってくれないと感じているので自然に報道を自粛するようになる。
ステップ3 「重要なニュースが報道されなくなる。」
 実は報道ステーションでフリップを用いてこのことを伝えたかった。ところがフリップを出した途端、古館キャスターが過剰に反応したので無駄に時間を使ってしまった。民主党政権の頃は既得権益や天下りの問題がもっと報道されていたが、安倍政権になってから非常に重要なニュースが報じられない、または小さく報じられるという現象が起きている。例えば政策金融機関の改革として政策投資銀行の民営化が決まっていたが、安倍政権下でいつの間にか民営化の期限がなくなってしまった。そして組織トップには財務省等の次官クラスが天下りしている。こういうニュースは以前なら大きく報じられたはずだ。圧力がかかっているのかと知り合いの記者に聞いたところ自粛しているわけではなく、記者が重要性に気付いていなかった。これは危機的だと思う。つまり自粛であれば物事の重要性には気付いている、自粛しているという意識が本人にあるわけだが、気が付かないということはニュースを見極めるジャーナリストとしての能力の低下、つまり政府にすり寄っている内に報道すべきことが見えなくなったということだ。こうなると政府に都合のよい情報しか報道されないので国民が洗脳され、選挙に行っても選択を間違う。こうやって民主主義の国で独裁が生まれるのではないか。

 今、私は「フォーラム4」というキャンペーンを始めた。新しい政党を立ち上げる為の運動ではない。無党派層が増えているが彼らは無関心なのではなく投票したい候補者がいない、投票したい党が見当たらないのだと思う。構造改革と積極的平和(軍事)主義を縦軸、横軸に取って4分割した時、自民党は「改革はしない、戦争をする。」というスタンスである。「改革はしない、戦争もしない。」、「改革はする、戦争もする。」という野党はあるが、「改革はする、戦争はしない。」という政党が見当たらない。このすっぽり抜けた部分の声を結集する運動が「フォーラム4」なので興味のある方は検索してほしい。

 また政府からの圧力の例として“No Borders”という組織のスクープ報道を紹介する。インターネットで検索すると前回の衆議院選挙前に自民党が報道ステーションのプロデューサー宛てに抗議した証拠文が公開されている。アベノミクスで金持ちが儲かっているという内容のVTRを流したことへの抗議である。番組編集について権力が口をはさむのは放送法の3条違反でこれは4条より大事。自民党はテレビ朝日とNHKを党本部に呼びつけたが本来なら行くべきではない。

 「原発ホワイトアウト」、「東京ブラックアウト」という小説は現役の経産省官僚が書いている。なぜ小説にするかと言えばノンフィクションにした場合、巨大な組織を相手に戦っているのでほんの小さな間違いでも訴訟にされて大変なことになる。裁判に勝てるほどの裏を取って書くのは大変なので小説にしている。

 自分の座右の銘としてガンジーの言葉がある。日本語でどう訳されているかわからないが、以下のような趣旨だ。「あなたがすることのほとんどは無意味だが、それをするのは世界を変える為ではなく自分が世界に変えられないためである。」、今こういう思いで活動している。

 以上のような会見でした。私がその場にいて感じたことは強い「信念」です。恐らく私と古賀さんは改革について意見が異なる部分があると思います。私は小泉政権の構造改革に疑問を感じた側なので「改革」と言えば何でも正しいとは思わないし、ざっくり「改革しよう。」とは言えません。ただ何より自分の信念に従って行動し発信するということ、官僚を辞めてでも行動しているところに大いに共感します。本来は政治家が行動すべき場面であり、なぜ閣僚が大臣の椅子をかけて、あるいは自民党議員が離党も辞さず抗議しないのか理解できません。大臣を続けたい、次の選挙で公認が欲しいということが最優先で何も発言しないのか、それとも自粛しているわけではなく安倍総理の発言が正しいと思っているのかはわかりません。でも私から見ると安倍総理の論理は滅茶苦茶なので黙ってついていく与党、今の政治は気持ち悪いです。

2015年4月13日(月)浜矩子さんの会見
 「国民なき経済成長 脱アホノミクスのすすめ」を上梓した浜矩子さんの会見に出席しました。通訳を付けず全て英語で行われました。もともとロンドンで仕事をしていた方ですからさすがに英語は流暢でした。会見の要旨は以下の通りです。

 「取り戻したがり病」という病が流行っている。「日本を取り戻す」というスローガンでいうところの安倍総理が取り戻したいものとは何なのか。それがハッキリとわかってきた。
大日本帝国時代の日本、キーワードは「強い」である。
ゞい日本
強い経済
8悗蠅△詁本
 それが取り戻したいものの正体だ。

 「取り戻したがり病」の症状は2つある。
仝えるはずのことが見えなくなる。
考えてはいけないことを考えるようになる。

 実は今、日本に欠けているのは成長ではなく分配である。「豊かさの中での貧困」という現象が起きている。経済学の祖はアダム・スミスに遡るが、彼は経済とは人々を幸福にするものと定義した。つまり人々を幸福にしない活動は経済学に値しない。アベノミクスをアホノミクスと表現したが、今や何のミクスにもあらず、ミクスと語るレベルのものではない。

 そもそも経済成長し続けることはできない。日本は戦後の焼け跡から復興する過程で高度成長を遂げた。今は先進国として成熟経済の時代に入っており、過去を取り戻せるものではない。また日本銀行は中央銀行の役割を果たしていない。いまや日本政府の一機関に成り下がってしまった。これは間違っている。

 会見の後、すぐに浜さんの本を読みました。浜さんはアベノミクスの初期からアホノミクスと命名し、堂々と批判を展開してきた人です。株価だけは上がったけれど消費は落ち込み、物価上昇に苦しむ一般市民…株価がいくら上がっても株を持っていない人には関係がないので政府が期待するトリクルダウンは起こらないのです。異次元の金融緩和を行っても喜ぶのは証券会社だけ…国を挙げて円を刷り、年金資金を株に突っ込んだ安倍政権。そろそろ真面目にアベノミクスが崩壊した後に備える必要がありそうです。

10月2日(火)
2014年10月2日(木)村上誠一郎衆議院議員
 亀井久興が主催する政経文化フォーラムを東京大神宮マツヤサロンにて開催致しました。

 今回は集団的自衛権の行使に自民党内で異論を唱える村上誠一郎衆議院議員を講師に迎え、熱弁をふるっていただきました。当日の様子はジャーナリストの岩上安身氏が主催するIWJ(インディペンデント・ウェブ・ジャーナル)が撮影し、Ustreamに投稿されています。(一般公開はされていません。)テーマは財政から安全保障まで幅広く出席者からも大好評でした。

9月11日(木)
2014年9月11日(木)日本農業経営大学校の入口2014年9月11日(木)テラス2014年9月11日(木)図書スペース
 独立行政法人の事業仕分けで廃止と判定された農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)の農業者大学校。私は事業仕分けに関わっていたのでフォローアップに努めています。農業者大学校については存続の要望が地元のリーダー的な農業者から複数あったのですが、とにかく農研機構の予算の使い方がひどかった為、廃止は避けられない状況でした。筑波の研究施設内に3Dドームを建設して得られた社会学的な研究成果が「農村地帯の景観には灌木が必要」と言われた時は視察団一同唖然としました。その帰りに同敷地内にある農業者大学校に立ち寄ったところ、立派な建物に研修生どころか人の気配すらなく応対した人もうまく説明できなかったので存続の可能性が萎んでしまいました。もちろん農業者の育成が必要であることは言うまでもありません。事業仕分けが示した方向性は都道府県の農業大学等の研修施設を活かして地域主体の農業を目指すというものでした。

 廃止が決定した後の卒業生の動きには目を見張るものがありました。一般社団法人アグリフューチャージャパンを立ち上げ、2013年4月、東京品川にアグリフューチャージャパンが運営する農業経営大学校が開校したのです。定員20名の全寮制(寮から校舎までは50分)で研修期間は2年。旧農業者大学校の卒業生によると全寮制の意義は大きく、寮生活で得られる結束力と生涯続く交流は後々全国に散って農業に従事する上で非常に役立つそうです。だから都道府県単位ではなく全国規模の農業研修の拠点を維持しようとしたのです。

 この日、私は地元島根の卒業生と共に日本農業経営大学校を視察しました。今年2月に完成したばかりの農林中央金庫品川研修センター内にある校舎には教室、ゼミ室、図書スペース、ラウンジスペース、テラスがあり、当日は授業も行われていました。都心にありながらテラスには緑もあり快適な環境でした。この学校がよい形で発展していくように見守っていきたいと思います。

8月9日(土)
2014年8月9日(土)暑気払い in Tokyo
 東京の後援会メンバーと「バルバッコア・グリル 青山店」で昼食会をしました。きっかけは先月、猛暑の最中に「暑気払いをしましょうよ〜。」と某会員から事務所に連絡があったこと。あまり遅くなっても暑気払いにならないし、私の上京予定に合わせて急遽企画しました。

 国民新党の党員だった方、私や亀井静香先生を何年も応援してくださっている方など初めてお会いできた方もあり、開催してよかったと思います。昨年12月に東京と大阪で島根県外の後援会会員との交流会を行った時も国民新党時代からのご縁を感じました。長い間、あたたかく見守っていただいてありがとうございます。

 島根県ではミニ集会、お茶会、夕食会などを開催しているので顔が見える関係を築きやすいのですが、なかなか県外に活動を拡げる余裕がありません。交流会は私も好きなので、後援会の皆様とお会いする機会をできる限り作っていきたいと思います。

追記:コーヒーブレーク番外編?!
 「バルバッコア・グリル 青山店」(03−3796−0571)はブラジル式バーベキュー「シュラスコ」の専門店です。サラダバーもあり、どんな大食漢でも満足できるお店です。

 串にささった肉塊を持った店員さんが各テーブルを回り、希望の肉をその場でそぎ落としてくれます。というより断らなければどんどんお皿に肉の山が積み上がっていきます。

 今回は参加者が男性ばかりでよく食べるだろうと予測したこと、暑気払いなのでタンパク質と野菜をモリモリ食べて元気を出そうとしたこと、ブラジル・ワールドカップの余韻がまだ残っていたことから、この選択になりました。完全に私の趣味です。

 私は長年、国際交流活動に参加していたので、各国料理の食べ歩きとか異業種交流会など、今後新たな企画もしてみたいと思っています。とりあえずバルバッコア・グリル、おすすめです。

6月22日(日)
2014年6月22日(日)「楓ジェラート」の店舗2014年6月22日(日)トマトソルベ
 昨年、浜田市三隅町の国道9号線沿いにオープンした「楓ジェラート」がお中元商戦に参入し、6月11日(水)から2週間限定で日本橋三越に出展しました。女性3人が忙しそうに接客していて、そのうち2人は三隅町、益田市からそれぞれ上京した若者でした。

 私はトマトソルベを注文。トマトを納入しているのが知り合いの農家なので味見してみました。サービスでミルクティーアイスも少し付けてもらって、これは斐川町の紅茶を使用したもの。ミルクは松永牧場(益田市)のメープル牛乳を使用しており、だから「楓ジェラート」なのでしょう。(カナダの国旗、メープルリーフは楓の葉のことです。)地産地消を実践しているお店は応援したくなります。興味がありながら車で通り過ぎていた三隅町の店舗に帰ったら是非行こうと思います。ようやくジェラートの季節到来!です。

5月31日(土)
 お昼から京王プラザホテルで開催された在京浜田会に出席しました。同じ時間帯、東京つわの会も開催されていたのですが、今回は欠席。東京つわの会は年に2回は開催されているのに対し、在京浜田会は2年に1度の開催なのです。今回初めて案内をいただきました。

2014年5月31日(土)ガス吉くんの北本トマトカレー2014年5月31日(土)真っ赤な益田SUNトマトカレー
 隔年でしか開催しないせいか、集まる時には盛大にという感じで、人数も多いし若い人もいるし、活気がありました。最後に抽選会があり、なぜか私は浜田に全然関係のない埼玉県北本市の「ガス吉くんの北本トマトカレー」の5個セットが当たりました。日頃JA西いわみのトマトカレーの味に文句を言っているので、北本市のトマトカレーと食べ比べてもらおうと思い、数個をJA西いわみトマト部会の会員に託しました。私もこれから食べ比べるつもりです。

5月17日(土)
2014年5月17日(土)しまね田舎ツーリズムのテント2014年5月17日(土)新宿御苑のバラ園も見頃です。
 奥出雲町の後援者から、新宿御苑で開催されているロハスフェアに「ふるさと島根定住財団」が出展していて、奥出雲からも知人が手伝いに行っていると連絡があったので、新宿御苑を散歩してきました。ちょうど私も上京中で、この日は絶好の散歩日和…というより真夏日で暑いくらいでした。

 しまね田舎ツーリズム(公益財団法人ふるさと島根定住財団)のテントはなかなか盛況で、仁多米や田舎暮らし(移住)、田舎ツーリズム(民泊)を熱心にPRしていました。イベントでは「第9回ロハスデザイン大賞」の投票を行っていて、ヒト部門、モノ部門、コト部門に分かれているのですが、何と「しまね田舎ツーリズム」は2,542票を獲得してコト部門で大賞を受賞しました。おめでとうございます!

 最近、奥出雲町はIターンの若者がPRイベントで活躍したり、錦織良成監督の新作「たたら侍」の撮影が進んでいたり、活気が出てきたなあと感じています。

 4月6日(日)に津和野町東京事務所が文京区にオープンしました。津和野出身の森鷗外が居住した文京区には森鷗外記念館もあり(その他の活動報告参照)、そのご縁でこの地に事務所を構えたのでしょう。

2014年4月7日(月)スサノオノミコトと老人、その娘(稲田姫)2014年4月7日(月)大蛇を退治するスサノオノミコト
 4月7日(月)には文京シビックホールで石見神楽の記念公演が昼と夜の2回あり、私は昼公演の方に出席しました。文京区民を対象に各回200人を招待したところ、定員の倍の応募があったそうで、会場は大入りでした。最前列の席は東京つわの会の皆様がしっかり陣取っていらっしゃいました。美保神社を舞台にした恵比須など全部で4演目あり、最後はやはり大蛇。何度見ても迫力と華がある演目だと思います。

3月31日(月)
2014年3月31日(月)群言堂日本橋店2014年3月31日(月)日本橋の桜並木
 大田市大森町、いわゆる石見銀山に本社を置く群言堂が日本橋三越の真向かい、コレド室町3の2階にオープンしたので行ってきました。石見銀山梅まつりの日に「他郷阿部家」のイベントに参加した際(地元の活動報告参照)、日本橋店の話を聞いたので、上京してすぐに行ったのです。

 コレド室町3の並びにはにほんばし島根館(島根県のアンテナショップ)もあり、日本の伝統的な暮らしをアピールする群言堂は原宿や六本木ではなく、お江戸日本橋がふさわしいとつくづく思いました。島根県のアンテナショップが銀座ではなく日本橋にあるところも何だか島根らしいと最近思います。この日は桜が綺麗で、写真のようにライトアップされていました。都心の桜もなかなか素敵です。