6月14日(金)
2017年6月14日(金)抗議する人々
 この日、私は東京にいました。民進党の近現代史研究会が参議院議員会館であり、終わって外に出たら人々が歩道に集結し、参議院議場に向かって声を上げていました。今夜は長い戦いになると現場で主催者が説明していた通り、法案は朝方までかかって強行採決されました。

 今回の政府対応で何より滅茶苦茶なのは、委員会採決をすっ飛ばして本会議に上程したことです。委員会審議なんてどうでもいい、本会議で採決さえすればよいという手続きを無視した国会運営は、もはや議会政治ではなく独裁政治です。これは法律の中身以前の問題。

 森友、加計問題等、スキャンダルを野党に追及されたくないから強引に国会を閉じるという政府の意図はあまりにも露骨で、一刻も早く安倍政権を辞めさせるべきだと強く思いました。