(コーヒーブレーク) by akiko on 2016年11月13日(日) |

 このコーナーでは蕎麦屋をいくつも紹介してきました。特に好きというわけではないのですが、出雲地方は蕎麦屋だらけ…なので必然的に行くのです。街中ではなく郊外にぽつんと現れるお店には特に惹かれます。今日はそんな2軒を紹介しましょう。

そば処 まつうら (0854−28−7844)
「そば処 まつうら」店舗外観うどんにかやくご飯を付けて。
 国道9号線沿いにある安来の人気店、「そば処 まつうら」は待合室があるほどお昼に行列ができています。蕎麦もうどんも手打ちで、私はうどんを食べました。麺はもちろん、かやくご飯もいい味なので、セットで食べる人が多いようです。炭水化物ばかりですが、お試しあれ。ラーメンライスよりは健康的かも…。

海潮路(うしおじ) (0854−43−6800)
「海潮路」店舗外観蕎麦三昧!
 雲南市大東町の山中に出現する週末のお昼しか営業しないお店「海潮路」。頑固そうな親父が黙々と蕎麦を打ち、家族の人でしょうか、調理場とフロアも常に忙しそうです。割子そばに蕎麦湯…はともなく、そばまんじゅうまで手作りで、まさに蕎麦三昧!後から焼き芋や柿も出てきて、何だか民家で「おもてなし」されているような気分になりました。遠くから食べに来る人もきっといるでしょう。知る人ぞ知る、田舎のお蕎麦屋さんです。