9月18日(金)
2015年9月18日(金)安保法案反対デモ
 法案反対の意志表示をする為に、また強行採決の日の国会前の様子を見届ける為に、再びデモに参加しました。

 14日(月)(その他の活動報告参照)とは異なり、警察は何が何でも車道にデモ参加者を入れたくないようで、車両を隙間なく並べてブロックし、デモの参加者を歩道に押し込めていたので「開けろ」コールが発生。恐らくデモ参加者が国会前広場に結集している絵を写真に撮らせたくなかったのでしょう。マイクとスピーカーの使用は21時までに制限され、政府が神経質になっている様子がよくわかりました。数人前が警察の列(バリケード)というところまで行ってみました。この日も参加者は老若男女。取材している外国人の姿もありました。

 20時半に再開された参院本会議は未明まで続き、採決となりました。私は日付が変わる前に帰りましたが、行く人・帰る人が常にすれ違うようなデモでした。延べ人数にしたらものすごい数の参加者数でしょう。これだけの声を無視して強行採決されたということを記憶しておきたいと思います。