7月7日(月)〜8日(火)

 台湾からのグループを新山口駅で出迎え、2日間に渡って津和野をご案内しました。酒蔵巡りをして、太鼓谷稲成神社、安野光雅美術館を訪問しました。久しぶりに安野光雅美術館に入り、絵はもちろんのこと、プラネタリウムの内容がおもしろくてこれは新たな発見でした。いつも絵だけ見て帰るのはもったいなかったと反省。安野先生が数学の教師であったことを再認識し、数学と天文学、芸術の世界が根っこで繋がっていることが少しわかったような気がしました。メッセージ性があるプラネタリウムです。

 今回は初日の夕食が「沙羅の木 松韻亭」、宿はよしのや、2日目のお昼が「Restaurant LA MAISON 思黙庵」(コーヒーブレーク参照)…和食、洋食を組み合わせて台湾の方々が飽きないように工夫しました。

 昨夏の水害以来、JRも寸断されて観光客が減っているので、今春は流鏑馬(地元の活動報告参照)を案内したり、少しでも津和野を訪問する人が増えるように私も地道に声をかけています。JRはようやく8月23日(土)に復旧するそうです。

2013年10月6日(日)こんにちは、ハルちゃん。2013年10月6日(日)絵になる猫です。2014年7月7日(月)酒樽の上で店番!
 最後に私が夢中になっている猫をご紹介しましょう。昨夏、群言堂のキムチ(地元の活動報告参照)が旅立って寂しいなあと思っていたところ、その後すぐに津和野で出会ったのが財間酒場の看板猫、ハルでした。店先で「こんにちは〜。」と言っても返事がなく、もう一度「ごめんくださ〜い!」と言ったら「ニャア〜」と一声聞こえて奥から出てきたのがハル…この瞬間から私は彼女に夢中です。というわけで今回も財間酒場ではハルが皆の話題をさらっていました。ほんと癒されます…。