2010年11月24日(水)各政党訪問(社民党)2010年11月24日(水)各政党訪問(たちあがれ日本)
 亀井静香代表、下地幹郎幹事長とともに、急遽、首相官邸と各政党を訪問し、亀井代表が苦言を呈しました。

 外交も内政も課題が山積しているにも関わらず、補正予算の採決が遅れ、法案審議も一向に進まない現状は国家の危機であるという認識を、長年の政治経験から亀井代表は持っています。もちろん私も同感です。

 本来は政策論争や法案審議を早急に進めなければならない時に、政治の本筋ではない部分、失言や個人批判に時間を費やすことは国民の為になりません。法案審議も行われない国会は開会している意味がないのです。郵政法案や労働者派遣法改正法案も前国会で提出されながら審議の見通しが立たないことは異常であり、堂々と国会で議論して反対なら反対、と結論を出すことが国会の使命であると主張しました。

 今は毅然として対応するという政権の姿勢が問われているのであり、何もしない国会、で終わらせてはいけないと思います。