(コーヒーブレーク) by akiko on 2010年10月6日(水) |

 ホームページの休憩場所のような「コーヒーブレーク」は、私の趣味の延長で書いています。今日は島根県のベストコーヒー3店舗を一挙にご紹介しましょう。

カフェロッソ(0854−22−1177)
2010年9月26日(日)クマとパンダのカプチーノ
 まずは県東部、安来市にある「カフェロッソ」。ここはワールドバリスタチャンピオンシップ2005(in シアトル)準優勝の記録を持つ門脇洋之氏が経営する、全国的にも有名なお店です。JALの機内誌に各地のおいしいカフェを紹介する「休日はコーヒートリップ」という連載があったのですが、その第1回に登場したお店も「カフェロッソ」でした。私は初めてここを訪れた時、カプチーノに書かれたスノーマン(コーヒーブレーク参照)に驚き、それを誰かに見せたくてこのコーナーを始めたのです。ハートマークならいざ知らず、こんな絵を書ける人、いません…。写真のカプチーノはクマとパンダ…。味がいいのはもちろんのこと、門脇さんってやっぱりすごい!

カフェ・カリアーリ(0854−89−0818)
2010年9月26日(日)「カフェ・カリアーリ」の看板2010年9月26日(日)朝のコーヒーを一杯
 県の中央からは大田市大森町の「カフェ・カリアーリ」。あの亡きダイアナ妃やオペラ歌手のルチアーノ・パヴァロッティ、アル・パチーノやソフィア・ローレンが愛するカリアーリ社のコーヒーはイタリアのグルメな田舎町モデナで生まれました。このコーヒーを日本で唯一飲める場所が、ここ「カフェ・カリアーリ」なのです。

 日本における総代理店の権利を持つこのカフェは、「都会嫌い」の本社の鶴の一声で開店しました。オーナーの青年は、祖母の家の写真を見せたら「ここでやれ。」と言われたそうで、昨年、東京から夫婦で移住。私は引っ越し直後の彼と出会い、間もなく開店するこのお店に興味津々でした。畳に座ってイタリア直輸入のカフェを一杯…。おすすめします。

栗栗珈琲(0856−22−7870)
2009年12月27日(日)外壁の似顔絵は店長そっくり!2009年12月27日(日)キャラメルマキアート
 最後に県の西部からは益田市の「栗栗珈琲」。オーナーは市内の喫茶店「ハッピー」の息子さんで、店の外壁に書かれたロゴそっくりのお顔です。「カフェ・ロッソ」の門脇さん曰く研究熱心な人で、オーナーにとって門脇さんは師匠だそうです。

 「カフェ・ロッソ」と「栗栗珈琲」は共同で豆を購入していて(ローストは各店舗で独自にしています)、なぜかお店で出されたカップ&ソーサーは「カフェ・ロッソ」のマーク入りです。お店に入るとコーヒーの芳しい香り…。スイーツの他、最近始めたランチも好評で、人気上昇中です。