2009年5月9日(土)殿町通りでボランティアガイドさんの説明を聞く
 5月9日(土)は「第4回津和野ウォーク」に初参加し、いきなり最長の15kmコース「城山探訪」を歩きました。以前ホームページでもお知らせしましたが、城山へのリフトが再開したので、暖かくなったら登ろうと思っていたところでした。そこに今回の企画が目に入り、津和野ボランティアガイドの案内付きということだったので、この際、歩いて登ることにしたのです。体力面はともかく、唯一心配なのはお天気でした。結局、当日はなんと最高気温32.8℃で津和野町は全国一暑かったそうです。「陽の当たる島根」は私のスローガンですが、何もそこまで陽が当たらなくても…晴れ女もビックリ!!です。

2009年5月9日(土)太鼓谷稲荷神社
 当日は朝9時に津和野駅前を出発し、殿町通りを進んで太鼓谷稲成神社(第7代津和野藩主、亀井矩貞公が建てた神社です)の鳥居を下から上まで登り、参拝後、神社駐車場のすぐ脇から始まる登山道で城跡まで登りました。まだ午前中だったことと、木陰を歩き続けたので、気温はあまり気になりませんでした。城跡は石垣しか残っていないのですが、それがどういう状態にあるのか知らなかったので、何となく気になって前から登りたかったのです。感想としては、今回見ておいてよかった…。
2009年5月9日(土)熊野古道といい勝負?2009年5月9日(土)城山にて2009年5月9日(土)史跡 津和野城跡
 長い間、手つかずの石垣は、石の間から木がニョキニョキ出ていたり、町から見ても城壁が見えないほど木が覆っている箇所を、ボランティアの方々が木を切り、草を刈り、案内板を立てることで辛うじて守られていたのです。「城下町」を売り物にしている観光地津和野で城が崩れたら意味がない、というボランティアガイドの方の話を聞き、これは何とかしなければと思いました。

2009年5月9日(土)城跡を見上げて2009年5月9日(土)流鏑馬が行われる参道2009年5月9日(土)再び殿町通りへ
 下山道は違う道を通って鷲原八幡宮の裏手に下り、流鏑馬が行われる参道を歩き、「道の駅 津和野温泉 なごみの里」でしばし休憩、そして亀井温故館の横を通って川沿いを歩き、再び殿町通りに戻って駅まで帰りました。駅に到着したのはちょうど正午で、予定通り3時間で終了です。

2009年5月9日(土)「カフェレストラン ポンム・スフレ」にて
 お腹を空かせた私とスタッフ2人は「カフェレストラン ポンム・スフレ」(コーヒーブレーク参照)へ直行し、ランチのパスタセットを平らげました。以前、ホームページの「coffee break」で「しまねリトルシェフ」という食育活動を紹介しましたが、この活動を立ち上げた赤松健二シェフが経営するお店が「カフェレストラン ポンム・スフレ」です。もちろんおいしいし流行っています。

 午後は町内1ヶ所でミニ集会をし、その後、益田市匹見町に最近オープンした噂のパン工房「こうぼぱん 拓」へ。22歳の拓さんが、1人で黙々とパンを焼いていました。田舎に帰ったけれど、仕事がないから自分でパンを焼き始めた…。こういう前向きな青年、島根にどんどん増えてほしいと思います。こういう小さなビジネスが一つ、二つと生まれることで、田舎町が活気付いていくのだと私は思います。食べ歩きは私の趣味ですが、産業の少ない島根県において活気がある場所は、まず食べ物屋なのです。どんな僻地にあっても流行るお店は流行り、そこには雇用が生まれています。インフラが遅れている島根に企業を誘致するのは難しいですが(県内には閑古鳥が鳴く工業団地がいくつもあります)、身の丈に合った小さなビジネス、小さな農業を増やし、スローライフスタイルを発信しながら再生を図る方が時代にも合っているし、現実的だと私は考えています。

 この日の夜は益田市内でもう1ヶ所、ミニ集会を開催して意見交換をしました。今は農繁期なので日中は忙しい人がほとんどです。この日は長い1日でしたが、我ながら驚くほど元気でした。

 5月10日(日)は邑南町へ。まずはシックス・プロデュースの「ミルク工房四季」(コーヒーブレーク参照)でソフトクリームを食べながら、しばし雑談。その後、坂根牧場や「ふるさと農園」、野菜のハウス栽培等、邑南町内の農業関連施設を視察しました。坂根牧場は県内で2番目の規模を誇る牧場で、畜産業の抱える問題についてお話を伺いました。「ふるさと農園」は体験型農園で、年間12,000円で畑を借り、好きな作物を耕作します。広島在住の契約者が多いとのことでした。邑南町は高速道路のインターが近く、広島方面に繋がっているので、都市と交流しやすい条件にあると思います。キュウリ生産者とはキュウリ談義で白熱(?)しました。

 この日は邑南町で夕方まで過ごし、広島空港から最終便で東京に戻りました。2日間とも晴天で式典関係が一切なく、ジーパンで駆け回った健康的な週末でした。