(海外の活動報告) by akiko on 2009年3月26日(木) |

2009年3月26日(木)ツバルのその後1
 昨年8月に訪問したツバルの視察報告をこのホームページに掲載しましたが、現地で働く数少ない日本人からメールをいただきました。

 まず飛ばないエアフィジーの話ですが、「なんとなく撤退」したそうで、その為に往路は22名しか乗れないエアパシフィック(私達が乗った)は「慢性のフルブッキング状態」だそうです。もはや計画的な外国人のツバル入国は不可能ではないかと危ぶまれるとのこと。ただし復路は燃料が半分になり、機体が軽いので42名まで乗れるそうです。よって出国はいつでも可能なので、みんな安心しているそうです。

 私達が訪問した当時、落雷の影響で「国際電話の発信はできない。」「インターネットも断続的に切れる。」という状態でしたが、それもそのままとのこと。

2009年3月26日(木)ツバルのその後2
 現地では個性的でたくましい日本人数人とお会いしました。大日本土木株式会社フナフチ港作業所の駐在員の方々、NGOツバル・オーバービューのただ1人の現地スタッフ、ツバル政府のアドバイザーを務める「天下太平洋物語」の著者−おがわかずよしさん等、南の孤島でご活躍です。日本からのエールを込めて写真を掲載致します。